船問屋(読み)ふなどんや

デジタル大辞泉の解説

ふな‐どいや〔‐どひや〕【船問屋】

江戸時代、各地の港にあって、回漕や積み荷を取り扱うのを業とした問屋。廻船問屋。などんや。

ふな‐どんや【船問屋】

ふなどいや

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなどいや【船問屋】

江戸時代、廻漕や積み荷の取り扱いを業とする問屋。ふなどんや。廻漕問屋。廻船問屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふな‐どいや ‥どひや【船問屋】

〘名〙 全国各港にあって、廻船と荷主とのあいだに入り荷物の積込み・水揚げおよび廻船の手配などの業務を周旋する業。船宿。廻船問屋。ふなどんや。
※俳諧・談林十百韻(1675)下「仕出しては浪にはなるる舟問屋〈卜尺〉 秤(はかり)の棹(さを)に見る鴎尻(かもめじり)〈一鐵〉」

ふな‐どんや【船問屋】

〘名〙 「ふなどいや(船問屋)」の変化した語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船問屋の関連情報