コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船問屋 ふなどんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船問屋
ふなどんや

江戸時代から明治初期までの廻船問屋をいう。積荷集荷船主との契約による積荷の運送などの業務を営んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふな‐どいや〔‐どひや〕【船問屋】

江戸時代、各地の港にあって、回漕や積み荷を取り扱うのを業とした問屋。廻船問屋。などんや。

ふな‐どんや【船問屋】

ふなどいや

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなどいや【船問屋】

江戸時代、廻漕や積み荷の取り扱いを業とする問屋。ふなどんや。廻漕問屋。廻船問屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

船問屋の関連キーワード船問屋(ふなどんや)船問屋(ふなどいや)富山県富山市東岩瀬町宮崎県日向市美々津町市立福岡河岸記念館岡山県倉敷市下津井愛知県常滑市栄町宍喰屋次郎右衛門内海(愛知県)会津屋八右衛門国分(大阪府)安藤 新太郎角屋七郎兵衛大坂屋伊兵衛奥能登の白菊奈良本 辰也馬場 道久新旭[町]塩川[町]佐々木道珠

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android