馬山古墳群(読み)うまのやまこふんぐん

世界大百科事典 第2版の解説

うまのやまこふんぐん【馬山古墳群】

鳥取県東伯郡羽合(はわい)町橋津の馬山丘陵上にある古墳群。橋津古墳群ともいい,前方後円墳5基,円墳17基からなる。1957年史跡指定。そのうち第4号墳は,西面する4世紀後半の前方後円墳で,全長110m,後円部径58m,前方部幅35mあり,葺石(ふきいし)および円筒埴輪をめぐらしている。1956年の発掘により,後円部に竪穴式石室箱式石棺とを設しているほか,前方部にも箱式石棺3個,埴輪円筒棺2個,埴製円筒棺1個の陪葬があることが判明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android