馬放島(読み)まはなしじま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬放島
まはなしじま

宮城県中東部、松島湾の支湾塩釜(しおがま)湾の入口にある島。面積0.15平方キロメートル。周囲約2.4キロメートル。宮城郡七ヶ浜(しちがはま)町に属す。奥州一宮(いちのみや)の塩竈(しおがま)神社の神馬(しんめ)が、老いたのちに放たれたことから名づけられたという。1958年(昭和33)以降無人島である。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬放島の関連情報