馬淵 鋭太郎(読み)マブチ エイタロウ

20世紀日本人名事典の解説

馬淵 鋭太郎
マブチ エイタロウ

明治・大正期の官僚 京都府知事;京都市長。



生年
慶応3年1月(1867年)

没年
昭和18(1943)年9月13日

出身地
美濃国(岐阜県)

学歴〔年〕
帝国大学卒

経歴
山形・山口・三重・広島の県知事を経て、大正7年京都府知事となる。米騒動鎮圧、淀川改修、伝統産業の近代化に努めた。10年京都市長となり、中央卸売市場の設置、万国博覧会参加五十年記念博覧会の開催を推進した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android