コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬筏(読み)ウマイカダ

デジタル大辞泉の解説

うま‐いかだ【馬×筏】

流れの急な大河を騎馬で渡るときに、数頭の乗馬を並べつないで筏のようにすること。また、その隊形
「兵(つはもの)三千余騎、一度に颯(さっ)と打ち入って―に流れをせきあげたれば」〈太平記・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまいかだ【馬筏】

流れの速い川や大河を渡るために、何頭もの馬をいかだを組むように並べること。 「 -をつくりて泳がせけるに/宇治拾遺 15

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android