コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬長 ウマオサ

デジタル大辞泉の解説

うま‐おさ〔‐をさ〕【馬長】

昔、京都祇園(ぎおん)の御霊会(ごりょうえ)の神事に、馬に乗って社頭の馬場を練り歩いた人。小舎人童(こどねりわらわ)などを美しく着飾らせて乗せた。うまのおさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

馬長の関連キーワード風流(ふりゅう)大乗院寺社雑事記願い譜代家周恩来田宮流公孫瓚煬帝陳琳双魚

馬長の関連情報