駄洒落(読み)だじゃれる

精選版 日本国語大辞典「駄洒落」の解説

だじゃ・れる【駄洒落】

〘自ラ下一〙 (名詞「だじゃれ」の動詞化) つまらない語呂合わせをする。まずいしゃれことばを作る。
※三人妻(1892)〈尾崎紅葉〉前「人に金もらひ、好いた男を手に入れ、女は大〆と秘密を知れものの洒落(ダジャレ)けり」

だ‐じゃれ【駄洒落】

〙 つまらないしゃれ。まずいしゃれ。へたな地口(じぐち)
※滑稽本・七偏人(1857‐63)五「相もかはらぬ下洒落(ダジャレ)舌戦

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「駄洒落」の解説

だ‐じゃれ【駄×落】

へたなしゃれ。くだらないしゃれ。「駄洒落を飛ばす」
[類語]軽口冗談ジョーク洒落諧謔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android