コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洒落 シャラ

8件 の用語解説(洒落の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃら【×落】

[名・形動ナリ]
物事にこだわらず、さっぱりしているさま。しゃれているさま。いき。
「傾城といへるものは…―なる風情をおもてにし」〈仮・可笑記・三〉
しゃらくさいさま。生意気。
「―な丁稚(でっち)上がりめ」〈浄・曽根崎
遊女。近世、越前でいう。
「此所に名高き―には」〈浮・三代男・三〉

しゃ‐らく【×洒落/×灑落】

[名・形動]物事にこだわらず、さっぱりしていること。また、そのさま。洒々落々。「―な人柄」
「―でありながら神経質に生れ付いた彼の気合を」〈漱石明暗

しゃれ【×落】

《動詞「しゃれる」の連用形から。「洒落」は当て字
その場に興を添えるために言う、気のきいた文句。ある文句をもじったり、同音や似た音の言葉に掛けて言ったりする。地口(じぐち)・警句の類。「洒落を飛ばす」「洒落が通じる」「駄洒落
戯れにすること。冗談事。「こんないたずらは洒落にならない」
(多く「お洒落」の形で用いる)気のきいた身なりをすること。華やかに装うこと。「お洒落をして出かける」「洒落者」→おしゃれ
今風で、あかぬけていること。
「風雅でもなく、―でなく」〈浄・忠臣蔵

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃれ【洒落】

〈しゃれ〉のもつ意味内容については,時代によって若干の違いが生じていることもあって定説がないが,滑稽性,物事にこだわらぬ自由な精神,極度に洗練された感性のそれぞれを重視する三つの立場にほぼ分けられよう。近世初期においては,滑稽性よりも精神性に重点がおかれ,遊興理念を表現する言葉として用いられるのが一般であったが,中期以降はしだいに滑稽性および感性の洗練度を示すものにその中心が移り,文芸面においては特に言語遊戯に関する機知,滑稽を表す言葉となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃら【洒落】

( 形動 ) [文] ナリ 
生意気なさま。しゃらくさいさま。 「 -な丁稚でつちあがりめ/浄瑠璃・曽根崎心中」
さっぱりしているさま。しゃれているさま。 「薄化粧に花車きやしやめかして-なる風情をおもてにし/仮名草子・可笑記」
( 名 )
遊女をいう。 「此所に名高き-には/浮世草子・三代男」

しゃらく【洒落】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気質がさっぱりしていて、物事にこだわらない・こと(さま)。洒脱。 「無邪気にも見える。-でもある/三四郎 漱石

しゃれ【洒落】

その場に合った、気のきいた、人を笑わせる文句。多く語呂合わせや地口じぐちをいう。 「 -を言う」 「駄-」
たわむれ事。冗談事。 「 -が通じない」
気のきいた服装や化粧で身なりをととのえていること。おしゃれ。 「生身玉いきみだまの里がへりに-を尽くし/百花譜」
当世風で気のきいていること。 「諸事-を好み、高慢の鼻たかくなりしゆゑ/黄表紙・高慢斎行脚日記」 〔「洒落」は当て字〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洒落
しゃれ

一般的には、気のきいたようすや服装、身なりをいうが、文学上では、広義に、「笑いの文学」に一貫する頓知(とんち)、滑稽(こっけい)、風刺などの文学精神、とくに江戸中期以降の江戸で栄えた粋(すい)や通(つう)という生活美学と密着したそれをいう。狭義には、言語表現の技術において、一語が音通などによって二義を表す懸詞(かけことば)、秀句、地口(じぐち)などと同性質のもの、および思考上の洒落ともいうべき詭弁(きべん)、曲解、皮肉などをいうが、これらが通意識の実践と密接に関係していたことは注目すべきであろう。
 洒落の特徴は人工的なものである点にあり、知性や洗練さを要求されるとともに、そのよき理解者たる相手を必要とする。ひとりよがりの洒落では、洒落にならないのである。こうした洒落がもっとも盛行したのはいわゆる天明(てんめい)期(18世紀後半)で、この時代には、その名を冠した洒落本を初め、滑稽本、黄表紙(きびょうし)、噺本(はなしぼん)、狂歌、狂詩、狂文、雑俳(ざっぱい)、川柳(せんりゅう)などの笑いを生命とする文学、すなわち戯作(げさく)が栄えた。しかし洒落が、修辞的に縁語や畳語、枕詞(まくらことば)などと類縁関係にあることを考えると、これらの要素を多分にもつ『竹取物語』などの古小説や連歌(れんが)、俳諧(はいかい)などにも、洒落の精神は内在していたものといってよいだろう。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の洒落の言及

【言語遊戯】より

…〈humanité〉(人間性)と〈animalité〉(獣性)を合成した〈humanimalité〉(獣人性)というフランス製のカバン語もある。(11)地口 〈秀句〉〈口合(くちあい)〉〈洒落(しやれ)〉ともいい,〈言いかけ〉〈掠(かす)り〉〈捩(もじ)り〉なども同様の技巧をさす。英語のパンpunにあたる。…

※「洒落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洒落の関連キーワード歌心勘物広義駄洒落難義やしゃるシャレード洒落女シャレーナ 金シャレーナ 銀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洒落の関連情報