コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騎射の節 キシャノセチ

大辞林 第三版の解説

きしゃのせち【騎射の節】

節会せちえの一。五月五日に天皇が、武徳殿または弓場殿ゆばどのに出て、近衛・兵衛の騎射を観覧した行事。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

騎射の節の関連キーワード手結(てつがい)平安時代ひょう武徳殿兵衛近衛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android