コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨斧 こっぷ

世界大百科事典 第2版の解説

こっぷ【骨斧】

石斧に似た形態の骨角器。北海道で続縄文時代から引き続き使用され,オホーツク文化期に特に発達したものとみられる。モヨロ貝塚出土例は鯨骨製で,長さ20cm,幅5cm,厚さ2.5cmほどの斧のような形をしたもので,刃部と基部との境には,両側あるいは片側に段を設けたり,瘤をつくり出している。石斧になぞらえて有肩骨斧,あるいは有角骨斧という場合もある。刃は蛤刃(はまぐりば)となるものが多く,両端に刃をもつものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android