コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨斧 こっぷ

1件 の用語解説(骨斧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こっぷ【骨斧】

石斧に似た形態の骨角器。北海道で続縄文時代から引き続き使用され,オホーツク文化期に特に発達したものとみられる。モヨロ貝塚出土例は鯨骨製で,長さ20cm,幅5cm,厚さ2.5cmほどの斧のような形をしたもので,刃部と基部との境には,両側あるいは片側に段を設けたり,瘤をつくり出している。石斧になぞらえて有肩骨斧,あるいは有角骨斧という場合もある。刃は蛤刃(はまぐりば)となるものが多く,両端に刃をもつものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

骨斧の関連キーワード円筒土器大森貝塚骨角器擦文文化縄文時代石斧尖頭器続縄文文化骨器膝皿

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone