コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高エネルギー化合物 コウエネルギーカゴウブツ

栄養・生化学辞典の解説

高エネルギー化合物

 ATPのβ,γ位のリン酸の結合(有機ピロリン酸)のように,加水分解されると多量の自由エネルギーの減少が起こる高エネルギー結合を分子内にもつ化合物.ATPの例のほか,クレアチンリン酸のホスホグアニジン結合,ホスホエノールピルビン酸のエノールリン酸結合,アセチルCoAのチオエステル結合S-アデノシルメチオニンのスルフォニウム結合などがある.通常自由エネルギーの減少は,−7〜−15kcal/mol.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の高エネルギー化合物の言及

【高エネルギー結合】より

…ある化合物の特定の結合が加水分解される際に,多量の自由エネルギーが放出される性質があるとき,そのような物質を高エネルギー化合物,その結合を高エネルギー結合と呼ぶ。構造式中に~でその所在を示す場合がある。…

※「高エネルギー化合物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高エネルギー化合物の関連キーワード高エネルギーリン酸結合高エネルギー燐酸化合物ヌクレオチド三リン酸アセチル補酵素Aエネルギー代謝リボース生合成同化

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android