コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高リン脂質血症 こうリンししつけっしょうhyperphospholipidemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高リン脂質血症
こうリンししつけっしょう
hyperphospholipidemia

血清中にリン脂質が過量に存在する状態をいう。主として閉塞性黄疸で起る。胆汁中の脂質の主成分であるリン脂質が,胆汁うっ滞時には腸管への排出を妨げられるので,血液中に逆流するためこの現象が起る。原発性胆汁性肝硬変でも,同様の原因で本症がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高リン脂質血症の関連キーワード高脂血症

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android