高リン脂質血症(読み)こうリンししつけっしょう(英語表記)hyperphospholipidemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高リン脂質血症
こうリンししつけっしょう
hyperphospholipidemia

血清中にリン脂質が過量に存在する状態をいう。主として閉塞性黄疸で起る。胆汁中の脂質の主成分であるリン脂質が,胆汁うっ滞時には腸管への排出を妨げられるので,血液中に逆流するためこの現象が起る。原発性胆汁性肝硬変でも,同様の原因で本症がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android