コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高信 こうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高信 こうしん

1193-1264 鎌倉時代の僧。
建久4年生まれ。華厳(けごん)宗。京都高山寺の明恵(みょうえ)にまなび,その高弟として知られる。のち丹波神尾山(京都府)金輪(きんりん)寺にはいった。「明恵上人行状記」の編者。文永元年6月5日死去。72歳。号は順性房。法名ははじめ行澄。著作に「高山寺縁起」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高信の関連キーワード日本評論(にっぽんひょうろん)北陸先端科学技術大学院大学水上勉(みずかみつとむ)拉致被害者と特定失踪者加藤紘一氏宅放火事件高島四郎兵衛(初代)大容量記憶システム原敬(はらたかし)多層プリント基板管理職ユニオンパケットデータディスクアレイ三井得右衛門10月29日低融点ガラス明恵上人遺訓SIPサーバ大正日日新聞5月10日佐々木信綱

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高信の関連情報