コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高内又七 たかない またしち

2件 の用語解説(高内又七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高内又七 たかない-またしち

?-? 江戸時代前期の武士。
伊予(いよ)松山藩士。延宝6年(1678)藩主松平定直により総奉行に登用される。検見取(けんみどり)制から定免(じょうめん)制への税制の改革,荒廃地の再開発,用水池の改修など農政改革にとりくみ,藩財政の再建につくした。名は親昌(ちかまさ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高内又七

没年:元禄頃(1688~1704)
生年:寛文頃(1661~73)
江戸中期,伊予国(愛媛県)松山藩奉行で農政改革家。名は親昌。4代藩主松平定直の治世,相次ぐ飢饉,洪水,大風雨によって打撃を受けた藩財政の再建に当たり,成功した。年ごとに予想収穫高に対して年貢を定める従来の検見取を廃して,あらかじめ一定期間の年貢を決める 定免制を断行した。負担の均衡による下級農民の救済と,生産意欲の向上による増産を期待したもので,これを成功させる方便として,寛文7(1679)年の「新令廿五条」によって土地割換制を併用した。この布達のなかでは農民負担の軽減を力説し,さらにすすんで荒廃地の再開発,貯水池の構築などの積極策を実施した。19年にわたる改革の成功により,藩の借財の毎年10万俵弁済が可能になった。彼の政策は長く藩領で踏襲された。<参考文献>『垂憲録拾遺』『却睡草』(伊予史談会双書12,13集)

(景浦勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高内又七の言及

【松山藩】より

…定行は松山城の改修,道後温泉の整備,緋の蕪(かぶら)の生産,タルトや五色そうめんの製造と関連して知られている。寛文年間(1661‐73)藩財政の窮乏のなかで,延宝期(1673‐81)に高内(たかない)又七による災害復旧と財政再建,農村では地坪(じならし)制と定免(じようめん)制の実施という改革がなされた。4代定直は文学愛好で知られ,みずから榎本其角,服部嵐雪らに教えを受け,元禄期(1688‐1704)に松山文化の発達を見る。…

※「高内又七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高内又七の関連キーワード伊予絣松山愛媛大学伊予愛媛伊予蝋井上要今城宇兵衛菊屋新助筒井村作兵衛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone