高安倉人種麻呂(読み)たかやすのくらひとの たねまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高安倉人種麻呂 たかやすのくらひとの-たねまろ

?-? 奈良時代の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)3年(751)ごろ越中(富山県)で大伴家持(おおともの-やかもち)のもとで大目(だいさかん)をつとめた。遣唐使藤原清河(きよかわ)におくった光明皇后の歌や清河の返礼の歌などを伝誦(でんしょう),それらの歌が「万葉集」にみえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる