コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島屋おひさ たかしまや おひさ

2件 の用語解説(高島屋おひさの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島屋おひさ たかしまや-おひさ

1777?-? 江戸時代後期の女性。
安永6年?生まれ。江戸両国の煎餅屋(せんべいや)高島屋長兵衛の長女。寛政5年17歳のころ喜多川歌麿の錦(にしき)絵「当時三美人」「高島おひさ」などにえがかれて評判となり,寛政三美人のひとりとされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高島屋おひさ

生年:生没年不詳
江戸後期の美女。江戸両国薬研堀米沢町2丁目の煎餅屋高島屋長兵衛の長女で,両国で自家が経営する水茶屋で働く。江戸浅草随神門脇の水茶屋の評判娘の難波屋おきた,吉原玉村屋抱えの女芸者で富本節の名取り富本豊雛と共に,寛政三美人(豊雛の代わりに菊本おはんを当てる説もある)のひとりに数えられた。寛政5(1793)年,17歳のころ,喜多川歌麿の美人画のモデルとなって名高く,おきた16歳とその美しさを競い合い,対になる大判錦絵のほか,「囲碁を囲む五美人」など腕相撲や拳などの趣向で,ふたりを競わせる絵が伝わる。寛政4,5年ごろに歌麿が描いた大判錦絵「当時三美人」のなかに,丸に三つ柏の紋に描かれるのがおひさ,桐紋を付けて描かれたのがおきた,富本宗家の桜草の紋を付けているのが豊雛である。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島屋おひさの関連キーワード磯田湖竜斎美女薬研堀礒田湖竜斎垢離場昇亭北寿釜屋又兵衛近藤内蔵助平野元良両国平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone