コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島流 たかしまりゅう

2件 の用語解説(高島流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高島流
たかしまりゅう

江戸時代末期,高島秋帆が創始した西洋砲術の一流派。臼砲,野戦砲,小銃で隊を編成。秋帆は天保 12 (1841) 年,武州徳丸ヵ原 (現在の東京都板橋区高島平) で調練を行なった。この砲術は幕府に採用され,幕末の軍事,思想に多大の影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たかしまりゅう【高島流】

砲術の一派。初め西洋流と称した。祖は高島秋帆。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島流の関連キーワード島秋帆高島平有坂長為大槻竜之進高島浅五郎山本晴海西洋砲術高島秋帆疑獄事件高島秋帆旧宅高島秋帆墓

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高島流の関連情報