コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島流 たかしまりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高島流
たかしまりゅう

江戸時代末期,高島秋帆が創始した西洋砲術の一流派。臼砲野戦砲小銃で隊を編成。秋帆は天保 12 (1841) 年,武州徳丸ヵ原 (現在の東京都板橋区高島平) で調練を行なった。この砲術は幕府に採用され,幕末の軍事,思想に多大の影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たかしまりゅう【高島流】

砲術の一派。初め西洋流と称した。祖は高島秋帆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高島流の関連情報