コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度医療評価制度 コウドイリョウヒョウカセイド

1件 の用語解説(高度医療評価制度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうどいりょうひょうか‐せいど〔カウドイレウヒヤウカ‐〕【高度医療評価制度】

薬事法の承認等を得ていない医薬品・医療機器を使用する先進的な医療技術を、一定の要件のもとで、保険診療と併用できるようにした制度。平成20年(2008)導入。承認申請に必要な科学的データ収集の迅速化が目的。患者にとっては、高度医療に関わる自由診療分だけ自己負担となり、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料など)は公的医療保険が適用される。→混合診療

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高度医療評価制度の関連キーワード医薬品劇薬薬事法医薬品医療機器総合機構薬事評価療養医薬品と化粧品薬事法改正医薬品の承認

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone