コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公的医療保険 コウテキイリョウホケン

デジタル大辞泉の解説

こうてき‐いりょうほけん〔‐イレウホケン〕【公的医療保険】

社会保険の一つで、病気やけがをしたときに、一定の自己負担で必要な医療を受けることができる制度。
[補説]日本では、被保険者の職業や年齢によって、健康保険船員保険共済組合国民健康保険後期高齢者医療制度などに分かれ、すべての国民に加入が義務づけられている。→国民皆保険

公的医療保険の種類
医療保険制度被保険者保険者
健康保険会社員・日雇い労働者全国健康保険協会健康保険組合
船員保険船員全国健康保険協会
共済組合公務員・私学教職員共済組合
国民健康保険自営業者・退職者など市区町村・国民健康保険組合
後期高齢者医療制度75歳以上の人、および65歳以上74歳以下で一定の障害がある人後期高齢者医療広域連合

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

公的医療保険の関連キーワード特定健康診査(特定健診)と国民健康保険(国保)脳脊髄(せきずい)液減少症手術前のHIV検査保険外併用療養費ホメオパシー療法高度医療評価制度限度額適用認定証出産育児一時金煙草モーメント陽子線がん治療医療保険改革法管掌健康保険歯科医療特約データヘルス不妊症と治療ホメオパシー陽子線治療新成長戦略オバマケア心筋シート

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公的医療保険の関連情報