コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由診療 ジユウシンリョウ

3件 の用語解説(自由診療の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐しんりょう〔ジイウシンレウ〕【自由診療】

公的医療保険制度の枠外の診療を受けること。「保険診療」に対していう。保険適用外の新薬、最先端の医療を受けられるが費用は自費となる。保険外診療。→混合診療

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゆうしんりょう【自由診療】

公的な保険で認められていない方法・材料・薬剤を用いる、保険の適用対象にならない診療。自費診療。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由診療
じゆうしんりょう

公的医療保険制度の適用範囲外の診療。保険外診療、保険給付外診療、自費診療ともいう。医療保険が適用される診療は保険診療あるいは保険適用診療とよばれ、治療費や看護料に限らず使用薬剤に至るまで保険適用範囲が細かく規定されている。加入する医療保険の種類によって異なるが、患者は診療にかかった費用の1~3割を負担する。自由診療では、保険適用外の高度な先進医療を受けたり、保険適用外の新薬を使用したりできるが、診療報酬に法的制限はなく医療機関が独自に決めることができ、その費用の全額が患者の負担となる。また保険診療と保険外診療を同時に受けることを混合診療とよび、従来の保険制度ではこれにかかる費用は保険診療で生じた医療費も含めてすべて患者の負担となっていた。
 しかし、先進医療の進歩は著しく、患者が高額な医療費負担に苦しむケースも増えてきたため、厚生労働省は2006年(平成18)より混合診療の一部を保険適用とする保険外併用療養費制度を整備し運用を開始した。この制度では保険診療は通常のように医療保険が適用され、保険外診療のうち「評価療養」および「選定療養」として保険適用が認められた診療にかかる費用の基礎的部分が、保険診療として医療保険から給付される。「評価療養」とは、先進医療や高度医療および薬事法で承認されているが保険適用以前の医薬品・医療機器の使用などをいい、「選定療養」とは、差額ベッドや大病院の初診・再診など患者自身が選んで受ける医療をいう。保険診療には従来より、患者負担上限額を定めた高額療養費制度が適用されるため、患者の医療費負担は二重に軽減されることになる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由診療の関連キーワード社会保険診療報酬支払基金メディケアオバマケア保険診療歯科医療特約保険外併用療養費米国の医療保険制度米国の医療費と医療保険制度医療保険制度改革医療保険改革法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由診療の関連情報