高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(読み)コウドジョウホウツウシンネットワークシャカイケイセイキホンホウ

デジタル大辞泉の解説

こうどじょうほうつうしんネットワークしゃかいけいせい‐きほんほう〔カウドジヤウホウツウシン‐シヤクワイケイセイキホンハフ〕【高度情報通信ネットワーク社会形成基本法】

高度情報通信ネットワーク社会の形成に関する基本理念、施策基本方針、国・地方公共団体責務について定めた法律。平成13年(2001)施行国民が格差なく情報通信技術を容易に利用できる社会を実現することにより、経済構造改革推進、産業国際競争力の強化ゆとり・豊かさを実感できる国民生活の実現を図る。通称IT基本法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android