高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(読み)コウドジョウホウツウシンネットワークシャカイケイセイキホンホウ

デジタル大辞泉の解説

こうどじょうほうつうしんネットワークしゃかいけいせい‐きほんほう〔カウドジヤウホウツウシン‐シヤクワイケイセイキホンハフ〕【高度情報通信ネットワーク社会形成基本法】

高度情報通信ネットワーク社会の形成に関する基本理念、施策基本方針、国・地方公共団体責務について定めた法律。平成13年(2001)施行国民が格差なく情報通信技術を容易に利用できる社会を実現することにより、経済構造改革推進、産業国際競争力の強化ゆとり・豊かさを実感できる国民生活の実現を図る。通称IT基本法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android