コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度段彩 こうどだんさいhypsometric tint; altitude tint; layer tint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高度段彩
こうどだんさい
hypsometric tint; altitude tint; layer tint

地図における地形表現の一種。高度帯ごとに色分けするもので,低地平野部を緑,高くなるに従い黄色,褐色または橙色あるいはすみれ色となるようなスペクトル方式が多い。海洋部は,通常,浅海部を白か淡い水色で,深度を増すごとに青色の濃度を深めていく。高度分布垂直分布との相互関係が理解しやすいことが特色。欠点は1つの高度帯内の土地の起伏は表わせないで,一様に同じ色で塗込めるので,平坦地と見誤られやすいこと,地図印刷で多くの色数手数を要することなど。地図帳の地図,航空図などの小縮尺図によく使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高度段彩の関連キーワード等高線

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android