コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空図 こうくうず aeronautical chart

4件 の用語解説(航空図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空図
こうくうず
aeronautical chart

航空機が飛行するのに必要な情報を表示した地図。使用目的によっていろいろな種類がある。普通は陸地の地形を見やすく表わした多色刷り地図に,航空無線施設,航空灯台飛行場や着陸施設などの航空諸施設,航空路,航空制限区域,磁針偏差線,コンパス図など航法上必要なものが加刷されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

航空図【こうくうず】

航空機の航法用地図。地形,障害物,航空保安施設航空路,飛行場などを記載。国際民間航空機関ICAO(イカオ))の標準による100万分の1航空図のほか,ジェット機用の250万分の1,地上識別用の50万分の1,進入用の25万分の1などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こうくうず【航空図】

航空機の航行に利用する地図。船の海図にあたる。地形のほか、航空路・航空標識の位置・電波信号の周波数などが記入されている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航空図
こうくうず

航空機の運航のための地図。国際民間航空機関(ICAO(イカオ))の基準により、統一的な規格のもとに、各国でつくられている。日本では縮尺100万分の1の国際および国内航空図のほか、50万分の1以上の小地域の航空図を刊行している。作成は海上保安庁海洋情報部(旧水路部)。航空図には、航空無線施設、飛行場、航空灯台、飛行禁止区域、既設の航空路など、必要な情報が盛り込まれており、山岳部は高度帯ごとに色分けされている。[五條英司]
『国際民間航空機関編、航空振興財団訳『国際標準及び勧告方式航空図』(1993・航空振興財団) ▽海上保安庁編・刊『水路図誌目録 航空図を含む』各年版』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空図の関連キーワード航空路航空路火山灰情報計器飛行航空エンジンリテラシースポッティング手続飛行情報区HUMINT航空ファン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone