高感度フィルム(読み)こうかんとふいるむ,こうかんどふぃるむ

カメラマン写真用語辞典「高感度フィルム」の解説

高感度フィルム

 一般的には ISO感度 で400以上のフィルムのこと。より速いシャッター速度が選択できるのでブレも少なく、より絞り込めるため被写界深度が深くなり、ピンボケの失敗も少なくなる。ISO100クラスのフィルムより画質は劣るとされるが、最近はフィルムメーカーの技術開発が進み、より高画質化が進んでいる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高感度フィルム」の解説

高感度フィルム
こうかんどフィルム
highly sensitive film; high-speed film

ISO感度 400以上の写真フィルム。ISO1600の超高感度フィルムもある。かつては ISO3200のフィルムもあったが,デジタルカメラ普及によってフィルムの需要激減種類も少なくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「高感度フィルム」の解説

こうかんど‐フィルム〔カウカンド‐〕【高感度フィルム】

写真用フィルムのうち、特に感度が高いもの。一般にISO感度が400以上のものを指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android