コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高感度CRP(hs-CRP) こうかんどしーあーるぴー

1件 の用語解説(高感度CRP(hs-CRP)の意味・用語解説を検索)

生活習慣病用語辞典の解説

高感度CRP(hs-CRP)

微量のC反応たんぱく質 (炎症時に増加するたんぱく質) の増減を感知する検査で、動脈硬化狭心症などの心臓の病気の診断、管理に用いられています。また、炎症過程の 1 つの指標とされています。QUPiO ではこの数値は 0.1mg/ dl 未満を正常値としています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高感度CRP(hs-CRP)の関連キーワードCRPアポタンパク質アポリポタンパク質血中尿素態窒素高タンパク質血色素タンパク質単純タンパク質タンパク質効率比乳タンパク質複合タンパク質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone