コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木正孝 たかぎ まさたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木正孝 たかぎ-まさたか

1913-1962 昭和時代の登山家。
大正2年3月12日生まれ。昭和15年ヨーロッパにわたりベルリン大山岳会に属してアルプス登山をおこない,ガイドの資格をえる。28年第1次マナスル隊の登攀(とうはん)隊長,33年神戸大パタゴニア探検登攀隊長などをつとめた。昭和37年南太平洋諸島の学術調査中行方不明となる。49歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「パタゴニア探検記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高木正孝の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android