コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高柳光寿 たかやなぎ みつとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高柳光寿 たかやなぎ-みつとし

1892-1969 大正-昭和時代の日本史学者。
明治25年3月11日生まれ。東京帝大史料編纂(へんさん)掛(現東大史料編纂所)につとめ,大正15年史料編纂官となり,「大日本史料」を編修。昭和23年日本歴史学会を創立し初代会長。国学院大,大正大などの教授もつとめた。昭和44年12月1日死去。77歳。静岡県出身。国学院大卒。著作に「足利尊氏」「明智光秀」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高柳光寿の関連キーワード三方ヶ原の戦い鳥居強右衛門賤ヶ岳の戦い山崎の戦い本能寺の変長篠の戦い高柳 光寿続日本後紀佐久間盛政足利直義昭和時代柴田勝家楠木正儀明智秀満小谷の方源義経

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android