コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本史料 だいにほんしりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本史料
だいにほんしりょう

年代順による日本歴史の基礎史料。東京大学史料編纂所で編纂,刊行中。 1901年第1冊を刊行。 93年現在既刊 333冊。律令政府の修史事業の六国史のあとをうけて,宇多天皇の仁和3 (887) 年8月から明治維新直前の慶応3 (1867) 年までの 980年間の政治,経済をはじめ,各方面の事件に関する史料を年月日を追って配列し,漏れなく掲載したもの。全体を 16編に分けている。明治2 (69) 年政府が三条実美に修史事業を興すべき旨の勅書を下したときは,六国史と同じような正史を叙述しようとする意図が強かったが,久米邦武筆禍事件などで中止となり,本書にみるような史料の収集と編纂を行うため 1895年史料編纂掛として復活した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいにほんしりょう〔ダイニホンシレウ〕【大日本史料】

史料集。東京大学史料編纂所編。明治34年(1901)以降刊行中。六国史(りっこくし)以降明治維新までの史料を編年体にまとめたもの。全体を16の編に分け、平安初期の第1編と鎌倉初期の第4編が完結

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大日本史料【だいにほんしりょう】

東京大学史料編纂(へんさん)所が編集刊行中の日本史の基礎史料。《六国史》以後の887年から明治維新までの編年史で,それぞれの事件と関連ある古記録類を網羅(もうら)。
→関連項目大日本古記録三浦周行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんしりょう【大日本史料】

東京大学史料編纂所が毎年編纂出版している日本史の編年史料。887年(仁和3)から1867年(慶応3)まで。ただし1651年(慶安4)以降については未定稿。既刊分は300冊を超える。編纂・出版の経緯は《大日本古文書》と同様,明治維新政府の正史編修から転じて1901年以降史料の刊行に至ったもの。史料を事項ごとにまとめ,これを生起した年月日順に配列出版したのが本書である。第1編(平安時代1),第2編(同2),第3編(同3),第4編(鎌倉時代1,完結),第5編(同2),第6編(南北朝時代),第7編(室町時代1),第8編(同2),第9編(同3),第10編(安土時代),第11編(桃山時代),第12編(江戸時代1)の各編に分けられるが,第5編などは,完結に100年以上の歳月を要する見込み。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいにほんしりょう【大日本史料】

東京大学史料編纂所編の史料集。六国史以後明治以前の日本史上の各事件を年月日順に配列し、各事件に関する古文書・記録を掲載する。1901年(明治34)以降刊行中。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本史料
だいにほんしりょう

日本史のもっとも包括的で基本的な編年体の史料集。東京大学史料編纂(へんさん)所編。勅撰(ちょくせん)の国史である六国史(りっこくし)の後を受けて、887年(仁和3)から明治維新の1867年(慶応3)に至るまでの史料を政治史を中心に編年体にまとめたもの。日本史上の諸事件を年月日順に配列して、内容を簡潔にまとめた綱文(こうぶん)を掲げ、そのあとに関連史料を可能な限り網羅して収めている。政治史の流れを知るにはもっとも基礎的な史料集で、年末には雑載(ざっさい)と称して社会、経済、文化、宗教などの関連史料を収めていて役だつ。また、死没記事に関連して編纂されている伝記史料も重要である。全体が16編に分けられ、国家的事業として1900年(明治33)から出版が開始された。第1編(887~986)と第4編(1185~1221)について本編が完結し、補遺の編纂が進められている。第2編と第3編、第5編~第12編は編纂・刊行中。1651年(慶安4)からを収める第13編以下は基本資料の蒐集とデータの整理・公開を行っている。なお、未刊の部分については『史料綜覧(そうらん)』17巻が出版されており、多少の誤りもあるが、研究上の手掛りを得られる。[黒田日出男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大日本史料の言及

【図書館】より

…この〈類聚〉という考え方こそ,後の塙保己一(はなわほきいち)の《群書類従》,明治政府の《古事類苑》などに通じる類書的発想,ひいては今日の情報管理の原則たる知りたい知識情報そのものへの接近を可能ならしめる工夫である索引,抄録の思想につながるものである。それはまた史料編纂所の大事業《大日本史料》編纂にも受け継がれている。やがてわれわれはより便利な漢和字書《和名類聚抄(わみようるいじゆしよう)》をもつが,これも一種の類書であった。…

【文書館】より

…近代的な歴史学の導入・発達に従い古文書学も輸入されたが,文書の真偽鑑定など歴史学の補助学の地位に置かれ,近世以降の文書を主対象としないなど体系化しえず,史料としての古文書記録類の編纂事業は進められても,それらの保存・利用体制は制度的に未熟であった。1869年(明治2)明治天皇の沙汰書により大学校に国史編輯局が置かれ修史事業を開始したが,93年編年史の形の史誌編纂事業を停止,収集史料の編纂を行うために95年帝国大学文科大学史料編纂掛が設置され,1901年《大日本史料》《大日本古文書》を発刊,29年史料編纂所と改称,50年東京大学付置研究所の一つとなった。史料編纂所は日本に関する史料の研究,編纂および出版を行うことを目的に,古文書・古記録・古書の収集,複本の作成,ほかに寄贈・移管により原本も保存するが7万点余にすぎない。…

※「大日本史料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大日本史料の関連キーワード藤原伊尹(ふじわらのこれただ)慶長遣欧使節西岡 虎之助高松城水攻め三上 参次元和大殉教井野辺茂雄小野 晃嗣西岡虎之助田中 義成元和航海記広野 三郎山本 信哉栗田 元次土田 直鎮竹内理三松下禅尼小野お通八代国治史料綜覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大日本史料の関連情報