高森観好(読み)たかもり かんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高森観好 たかもり-かんこう

1750-1831* 江戸時代中期-後期の蘭学者。
寛延3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士の家に生まれ,のち遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主西尾忠善につかえた。桂川甫周(ほしゅう)に蘭学をまなぶ。八分儀,温度計,望遠鏡などの機器を製作して物理実験をおこなった。文政13年12月1日死去。81歳。通称は惣右衛門。号は香山。著作に「西洋画談」「野礼機的爾(エレキテル)全書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android