高森観好(読み)たかもり かんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高森観好 たかもり-かんこう

1750-1831* 江戸時代中期-後期の蘭学者。
寛延3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士の家に生まれ,のち遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主西尾忠善につかえた。桂川甫周(ほしゅう)に蘭学をまなぶ。八分儀,温度計,望遠鏡などの機器を製作して物理実験をおこなった。文政13年12月1日死去。81歳。通称は惣右衛門。号は香山。著作に「西洋画談」「野礼機的爾(エレキテル)全書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android