コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋喜平 たかはし きへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋喜平 たかはし-きへい

1910-2006 昭和-平成時代の雪害研究家。
明治43年4月25日生まれ。高橋延清(のぶきよ)の兄。昭和11年岩手県川尻営林署にはいる。19年林業試験場に転じ,雪害研究室長,山形分場長などをつとめる。階段工法とよばれる植樹法を考案し,雪崩の防止におおきな成果をあげた。エッセイ,写真にもすぐれた。52年吉川英治文化賞。平成18年2月1日死去。95歳。岩手県出身。黒沢尻中学卒。著作に「日本の雪崩」「雪国動物記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋喜平の関連キーワードウサギ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋喜平の関連情報