高橋至時墓(読み)たかはしよしときのはか

国指定史跡ガイド「高橋至時墓」の解説

たかはしよしときのはか【高橋至時墓】


東京都台東区東上野の源空寺(げんくうじ)にある江戸時代の天文学者、高橋至時の墓。墓は伊能忠敬の墓の左に並んで建ち、墓石は2重台石に角石を載せたもので、総高142.2cm、幅81cm、奥行き76.5cm。正面には隷書(れいしょ)で「東岡(とうこう)高橋君之墓」と刻まれており、1943年(昭和18)に国の史跡に指定された。高橋至時は1764年(明和1)に大坂定番同心の子として生まれ、天文学者麻田剛立(ごうりゅう)の下で天文学を学び、寛政の改暦事業に貢献した。弟子の伊能忠敬の全国沿岸測量事業の完成は、至時の指導・援助に負うところが大きい。1804年(文化1)に死去。子の景保(かげやす)も幕府天文方に就き、死後は父と同じ源空寺に葬られた。東京メトロ銀座線稲荷町駅から徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android