コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋鉄 たかはし てつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋鉄 たかはし-てつ

1907-1971 昭和時代の小説家,性風俗研究家。
明治40年11月3日生まれ。フロイト深層心理学をまなぶ。はじめ小説を手がける。戦後,性科学の研究に転じ,昭和25年日本生活心理学会を設立する。29年わいせつ文書配布で告発をうけた。昭和46年5月31日死去。63歳。東京出身。日大卒。著作に「人性記」「あるす・あまとりあ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかはしてつ【高橋鉄】

1907‐71(明治40‐昭和46)
性文化研究家。東京生れ。はじめ社会主義に関心を抱き,やがてフロイトに傾倒。日本人の性意識の転換と性表現の自由を標榜して性科学の研究と啓蒙運動をすすめ,著書《あるす・あまとりあ》(1950)は戦後のロングセラーとなった。みずから創設した日本生活心理学会の機関誌《セイシンリポート》37集は会員の赤裸々な性体験を満載して官憲の弾圧にあったが,不遇の中に没するまで,性学者として執念の生涯をつらぬいた。【山下 武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高橋鉄の関連キーワード小船 幸次郎高橋 鉄昭和時代小説家

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋鉄の関連情報