コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高沢忠順 たかざわ ただより

2件 の用語解説(高沢忠順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高沢忠順 たかざわ-ただより

1732-1799 江戸時代中期-後期の武士,農政家。
享保(きょうほう)17年生まれ。加賀金沢藩士。郡(こおり)奉行,改作奉行,作事奉行などを歴任し農政に業績をあげた。一時藩の財政策を批判し閉門に処せられた。寛政11年1月7日死去。68歳。通称は平次右衛門。号は鶴鳴。著作に「改作枢要記録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高沢忠順

没年:寛政11.1.7(1799.2.11)
生年:享保17(1732)
江戸中期,加賀藩(石川県)の改作奉行,農政研究家。初め菊忠,通称平次右衛門,号は鶴鳴。父勘太夫の遺知450石を相続し,御馬廻組に列した平士。藩財政困窮の時期に能州郡奉行,改作奉行を務める。天明5(1785)年藩主前田重教に藩財政再建についての建議を行って翌年まで閉門。寛政4(1792)年,再び加州郡奉行に登用され,同6年物頭並に昇進し御作事方御用を務める。改作所に所蔵されていた農村法令を整理し,『改作所旧記』(別名『高沢録』)を完成させたほか,『改作枢要記録』『鶴鳴記録』『老婆鮒の煮物』などを著した。3代藩主利常の改作仕法と名君として名高い5代藩主綱紀による改作法体制確立の経緯を跡づけ,藩政の根本となるべき改作仕法の再興を鋭く説いた重農主義的な論客であった。<参考文献>太田敬太郎「『改作所旧記/下』解説」

(木越隆三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高沢忠順の関連キーワード横山隆達加賀加賀鳶耳嚢稲垣義方大地東川快禅月嘯虎白渡瀬政礼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone