コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉門 へいもん

6件 の用語解説(閉門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閉門
へいもん

江戸時代~明治初年の刑罰の一つ。武士や僧侶に科せられ,『公事方御定書』には,「門を閉し,窓をふさぐが,釘〆 (くぎじめ) にする必要はない」とあるだけで不明確であるが,同条但書およびこれより刑の軽い逼塞遠慮の規定よりみて,出入りは昼夜とも禁止されていたことがわかる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へい‐もん【閉門】

[名](スル)
門をとじること。⇔開門
謹慎の意を表すため、門をとざして家にこもること。
江戸時代、武士・僧に科せられた刑罰の一。門や窓をかたく閉じ、出入りを禁じられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

閉門【へいもん】

中世には自ら謹慎することをいって刑罰ではなかったが,江戸時代武士・僧侶に科された監禁刑の一つ。50〜100日間門扉を閉じ,窓も閉じて昼夜とも一切の出入を禁じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいもん【閉門】

刑罰の名称。鎌倉時代からこの語はあって,中世ではみずから謹慎することで刑罰ではなかったが,江戸時代には刑罰の名称となった。江戸幕府法では武士と僧に科せられる刑で,屋敷の門を閉じ,昼夜とも当人および内外の者の出入りを禁じ,ただ病気のときには夜中に医師を招き,また出火,類焼にあたっては消防,避難することは許されていた。自由刑と名誉刑との性質をもつ刑罰で,これより軽いものとして〈塞(ひつそく)〉〈遠慮〉〈戸〆(とじめ)〉〈押込(おしこめ)〉があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へいもん【閉門】

( 名 ) スル
門をしめること。 ↔ 開門 「六時に-する」
謹慎の意を表すために、門を閉ざして家にこもること。
江戸時代、武士や僧侶に科せられた刑罰の一。門・窓を閉ざして出入りを禁じた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閉門
へいもん

江戸時代、武士、僧侶(そうりょ)に科せられた刑。門を閉じて窓をふさぎ、昼夜とも出入りを禁じたが、釘締(くぎじめ)にする必要はなかった。ただし病気の際は医師を招くこともでき、火事の際は屋敷内の火を防ぐのは差し支えなく、また屋敷が危うくなった場合には屋敷を立ち退くことが許された。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閉門の関連情報