コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田太郎庵 たかた たろうあん

美術人名辞典の解説

高田太郎庵

江戸中期の茶人。名古屋生。名は栄治、号は良斎・源斎等。原叟の門下。絵を狩野常信に学び、朴黄狐の号がある。宝暦13年(1763)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田太郎庵 たかた-たろうあん

1683-1764* 江戸時代中期の茶人。
天和(てんな)3年生まれ。尾張名古屋の人。宗和流の茶をまなび,のち表千家6代家元千宗左の門人となる。宗左のやいた茶碗「鈍太郎」をくじびきであて太郎庵と号した。狩野(かのう)派の絵師としても知られた。宝暦13年12月6日死去。81歳。名は栄治。通称は藪下屋三郎左衛門。別号に朴黄狐,良斎など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone