コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田太郎庵 たかた たろうあん

2件 の用語解説(高田太郎庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高田太郎庵

江戸中期の茶人。名古屋生。名は栄治、号は良斎・源斎等。原叟の門下。絵を狩野常信に学び、朴黄狐の号がある。宝暦13年(1763)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田太郎庵 たかた-たろうあん

1683-1764* 江戸時代中期の茶人。
天和(てんな)3年生まれ。尾張名古屋の人。宗和流の茶をまなび,のち表千家6代家元千宗左の門人となる。宗左のやいた茶碗「鈍太郎」をくじびきであて太郎庵と号した。狩野(かのう)派の絵師としても知られた。宝暦13年12月6日死去。81歳。名は栄治。通称は藪下屋三郎左衛門。別号に朴黄狐,良斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高田太郎庵の関連キーワード磯甚蔵岡田道竹尾関長伝小野庸山河井守清清水道斎清水道茂玉川宗重津田外記渡辺立庵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone