高田 三郎(読み)タカタ サブロウ

20世紀日本人名事典の解説

高田 三郎
タカタ サブロウ

昭和・平成期の作曲家,指揮者 国立音楽大学名誉教授。



生年
大正2(1913)年12月18日

没年
平成12(2000)年10月22日

出身地
愛知県名古屋市

学歴〔年〕
東京音楽学校作曲科〔昭和14年〕卒,東京音楽学校研究科作曲部〔昭和16年〕修了

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞〔昭和39年〕「わたしの願い」,芸術祭賞大賞〔昭和44年〕「合唱組曲・橋上の人」,紫綬褒章〔昭和53年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和61年〕,聖シルベストロ騎士団長勲章(ローマ法王)〔平成4年〕

経歴
昭和16年「山形民謡によるバラード」で作曲家デビュー。24年平尾貴四男、安部幸明、貴島清彦らと地人会を結成。多くの室内楽曲、独唱歌曲を発表。敬虔なカトリック信者で、とくに日本語歌詞による典礼聖歌の作曲を手がけたことで知られ、220曲の作品を残した。平成12年作品を集大成した「混声合唱のための典礼聖歌」を出版。また国立音楽大学教授、日本現代音楽協会委員長などを務めた。代表作品に交声曲「わたしの願い」、合唱組曲「水のいのち」「橋上の人」、合唱及び管弦楽曲「無声慟哭」、オペラ「蒼き狼」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

高田 三郎 (たかた さぶろう)

生年月日:1913年12月18日
昭和時代;平成時代の作曲家;指揮者。国立音楽大学教授
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高田 三郎の関連情報