高谷竜洲(読み)たかたに りゅうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「高谷竜洲」の解説

高谷竜洲 たかたに-りゅうしゅう

1818-1895 幕末-明治時代の儒者
文政元年生まれ。はじめ山川玉樵(ぎょくしょう)に,のち帆足万里にまなぶ。明治6年東京に私塾済美黌(せいびこう)をおこす。中江兆民らをおしえ,同塾から「万国公法蠡管(れいかん)」などを刊行した。明治28年死去。78歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。本姓飯沼。名は衷。字(あざな)は疑夫。通称は薫平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android