コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津 なかつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中津
なかつ

和歌山県中西部,日高川町中西部の旧村域。日高川の中流域にある。 1956年船着村と川中村が合体して中津村が発足。村名は合体した船着村の中心集落船津と川中村との合成。 2005年川辺町,美山村と合体して日高川町となった。河岸に集落が散在するほかは大部分が山林で,中心集落は高津尾。良質な日高材を産出したが,近年は柑橘類やシイタケ栽培などが行なわれる。穿入蛇行の激しい日高川の水位差を利用して発電用の糸藤ダム,尾曾谷ダムがある。紀道成 (きのみちなり) をまつる紀道神社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なかつ【中津】

大分県北部、周防灘すおうなだに面する市。近世、細川氏・小笠原氏・奥平氏の城下町。中津平野の中心地。陶器・鋼管などの工場がある。福沢諭吉の旧居がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中津
なかつ

和歌山県中部、日高(ひだか)郡にあった旧村名(中津村(むら))。現在は日高川町の中西部を占める地域。旧中津村は、1956年(昭和31)船着(ふなつき)、川中(かわなか)の2村が合併して成立。2005年(平成17)川辺(かわべ)町、美山(みやま)村と合併して日高川町となった。曲流する日高川中流の山村である。日高川沿いの船津(ふなつ)は江戸時代日高川舟運の中継地であったが、この地を中津瀬と称したと『紀伊名所図会』に記されている。新高津尾(しんたかつお)(大正年間操業の高津尾の後身)、船津の水力発電所がある。アユ、シイタケを産し、近年柑橘(かんきつ)の栽培も進んだ。[小池洋一]
『『中津村史』全3巻(1993~1996・中津村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中津の言及

【絶海中津】より

…南北朝後期の代表的な五山文学僧。はじめ字を要関,諱(いみな)を中津といい,みずから蕉堅道人と称した。土佐国津野の人。…

※「中津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中津の関連キーワード大分県中津市本耶馬溪町下屋形大分県中津市本耶馬溪町冠石野大分県中津市本耶馬溪町西屋形大分県中津市本耶馬渓町多志田大分県中津市本耶馬溪町東屋形大分県中津市耶馬溪町川原口大分県中津市耶馬溪町冠石野大分県中津市耶馬溪町三尾母大分県中津市耶馬溪町多志田大分県中津市耶馬溪町樋山路大分県中津市耶馬溪町小友田大分県中津市本耶馬渓町落合大分県中津市本耶馬渓町折元大分県中津市本耶馬溪町西谷大分県中津市本耶馬渓町今行大分県中津市本耶馬溪町東谷大分県中津市耶馬溪町栃木大分県中津市耶馬溪町中畑大分県中津市耶馬溪町金吉大分県中津市耶馬溪町柿坂

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中津の関連情報