高貴織(読み)こうきおり

精選版 日本国語大辞典「高貴織」の解説

こうき‐おり カウキ‥【高貴織】

〘名〙 綾糸織りの一種。普通、経(たていと)に諸縒(もろより)、緯(よこいと)に片縒の練染糸を用いて、裏表とも同一の組織に織ったもの。高貴。
※報知新聞‐明治二八年(1895)一〇月二三日「売出しの際尤も良く捌けたる品は〈略〉広貴織」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高貴織」の解説

こうき‐おり〔カウキ‐〕【高貴織(り)】

絹織物の一。縦糸に諸撚(もろよ)り、横糸に片撚りの練り染め糸を用いて飛び斜文の組織で織ったもの。多く男子用の着物地にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android