コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高輝度X線放射光 こうきどエックスせんほうしゃこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高輝度X線放射光
こうきどエックスせんほうしゃこう

光速近くまで加速した電子を強い磁場で曲げたとき,電子の軌道の接線方向に発生するきわめて輝度の高い放射光光源。蓄積リングに電子か陽電子をビームの広がりを抑えて走らせ,軌道の直線部分にアンジュレーターウィグラーと呼ばれる挿入光源を多数設置すると発生する。高輝度X線放射光の利用により生物の分子観測など新しい実験や応用が可能になる。日本国内では,兵庫県の播磨科学研究都市に建設された大型放射光施設SPring-8で取り出すことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android