コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄積リング ちくせきリングstorage ring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓄積リング
ちくせきリング
storage ring

加速粒子を貯蔵するため円環状に配された電磁石と真空容器から成る装置。たとえば陽電子反陽子は大変貴重であるので,その加速ビームは使い捨てにせず,貯蔵して繰り返し使用する。また,加速器から弱いビームしか得られない場合,これをため込んで,一時に強力ビームとして使うというやり方もあり,この技術は,高エネルギー物理,放射光,重イオン物理などで使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちくせき‐リング【蓄積リング】

強度が弱い荷電粒子を、磁場を用いて円環状に周回させ、十分な強度になるまで長時間蓄積する装置。シンクロトロン一種。ビーム強度を上げて次の加速器に受け渡すために用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

蓄積リングの関連キーワードシンクロトロン放射高輝度X線放射光放射光施設

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android