コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄積リング ちくせきリング storage ring

2件 の用語解説(蓄積リングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓄積リング
ちくせきリング
storage ring

加速粒子を貯蔵するため円環状に配された電磁石と真空容器から成る装置。たとえば陽電子や反陽子は大変貴重であるので,その加速ビーム使い捨てにせず,貯蔵して繰り返し使用する。また,加速器から弱いビームしか得られない場合,これをため込んで,一時に強力ビームとして使うというやり方もあり,この技術は,高エネルギー物理,放射光重イオン物理などで使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちくせき‐リング【蓄積リング】

強度が弱い荷電粒子を、磁場を用いて円環状に周回させ、十分な強度になるまで長時間蓄積する装置。シンクロトロンの一種。ビーム強度を上げて次の加速器に受け渡すために用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓄積リングの関連キーワードベータトロン加速電圧衝突型加速器貯蔵葉油槽貯蔵リングリラッキング揚げ氷受乳タンク散(ばら)貯蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蓄積リングの関連情報