コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速螺旋CT こうそくらせんシーティーhigh speed spiral CT

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高速螺旋CT
こうそくらせんシーティー
high speed spiral CT

国立がんセンター放射診断部が開発した新しいX線診断装置。X線 CTは周囲からX線を照射し,人体の透視度 (吸収度) をコンピュータで計算し,輪切りになった断面の鮮明な画像が得られるが,螺旋 CTでは,螺旋状に高速で連続撮影してデータ処理するのが特徴である。これまでは約 8mmの病変をとらえるのが限度だったが,この装置では 3mmのものまでとらえられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android