高階保遠(読み)たかしな やすとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階保遠 たかしな-やすとお

?-? 鎌倉時代の武士。
讃岐(さぬき)(香川県)塩飽(しわくの)荘の地頭。建永2年(1207)土佐(高知県)へ流罪となった法然配所へむかう途中,保遠の館に滞在した際,法然から専修念仏の法をさずかり仏門にはいる。のち館の前に一寺(のちの専称寺)を建立したという。法名は西忍(仁)。名は時遠とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android