高雅で感傷的なワルツ

デジタル大辞泉の解説

こうがでかんしょうてきなワルツ〔カウガでカンシヤウテキな‐〕【高雅で感傷的なワルツ】

《原題、〈フランスValse nobles et sentimentalesラベルの管弦楽曲。1912年作曲。シューベルトの「高雅なワルツ集」「感傷的なワルツ集」に着想を得た作品。元はピアノ独奏曲であり、管弦楽版に編曲された。優雅で感傷的なワルツ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android