コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高飛(び)込み(読み)タカトビコミ

百科事典マイペディアの解説

高飛込み【たかとびこみ】

飛込競技の一種。高さ5m,7.5mまたは10mの固定した飛込台(プラットフォームplatform)を使用。男子は,難易率の合計の制限つき選択飛び6種,および制限のない選択飛び4種の計10種目,女子は,制限つき選択飛び4種と自由選択飛び4種の計8種目を行い,その合計得点を競う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の高飛(び)込みの言及

【飛込競技】より

…飛込台から水面に達するまでの技術,優美さを競う。飛板飛込みと高飛込みに大別され,飛板飛込みでは1mまたは3mの高さに設けられた弾力性のある飛板springboardを使用する。国際試合などでは男子11種目(制限選択飛び5,自由選択飛び6),女子10種目(制限選択飛び5,自由選択飛び5)が行われる。…

※「高飛(び)込み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android