髭剃(読み)ひげそり

精選版 日本国語大辞典「髭剃」の解説

ひげ‐そり【髭剃】

[1] 〘名〙 ひげをそること。また、その器具。
※長春五馬路(1968)〈木山捷平〉五「ヒゲそり一つだって日本人は伊達や気まぐれで落すわけにはいかないのです」
[2] 明和(一七六四‐七二)以来、下級の売春婦の多かった大坂の相生橋三丁目南または南赤町(今の中央区千日前付近)の俗称。
※洒落本・浪花今八卦(1773)檜扇卦「黒船新地 ひげそり、近年のわき物ひげそりもかけあんどうにてめかす事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android