鬼蔦(読み)おにづた

  • 鬼蔦 (オニズタ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 植物「やぶがらし(藪枯)」の異名か。
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一五「うれたき庭もあれはてて、八重に鬼蔦(オニヅタ)這添ひし槇の柱に身をもたれ」
② 紋所の名。ぎざぎざのある蔦の葉を図案化したもの。丸みをつけた蔦の葉の紋に対していう。
※歌舞伎・月宴升毬栗(散切お富)(1872)二幕「松川菱仲へ這入った鬼蔦(オニヅタ)の其(その)もんもんは細腕でも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android