鬼蔦(読み)おにづた

精選版 日本国語大辞典「鬼蔦」の解説

おに‐づた【鬼蔦】

〘名〙
① 植物「やぶがらし(藪枯)」の異名か。
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一五「うれたき庭もあれはてて、八重に鬼蔦(オニヅタ)這添ひし槇の柱に身をもたれ」
② 紋所の名。ぎざぎざのある蔦の葉を図案化したもの。丸みをつけた蔦の葉の紋に対していう。
※歌舞伎・月宴升毬栗(散切お富)(1872)二幕「松川菱仲へ這入った鬼蔦(オニヅタ)の其(その)もんもんは細腕でも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「鬼蔦」の解説

鬼蔦 (オニズタ)

植物。キズタの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android