コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪枯 ヤブガラシ

デジタル大辞泉の解説

やぶ‐がらし【×藪枯】

ブドウ科の蔓性(つるせい)の多年草。空き地などに生え、よく伸びて分枝し、巻きひげがあり、他の植物を覆って枯らすことがある。葉は卵形の5枚の小葉からなる鳥足状の複葉で、互生。夏、淡緑色の小花を多数つけ、花盤は黄赤色。実は黒く熟す。びんぼうかずら。びんぼうづる。 秋》「生垣を屋根に上りぬ―/梓月

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藪枯 (ヤブガラシ・ヤブカラシ)

学名:Cayratia japonica
植物。ブドウ科のつる性多年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

藪枯の関連キーワードヤブカラシ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android