鬼薇(読み)オニゼンマイ

精選版 日本国語大辞典の解説

おに‐ぜんまい【鬼薇】

〘名〙 シダ類ゼンマイ科の多年草。北半球の温帯に広く分布し、日本では本州中部以北の山地の湿原に生える。葉は、はじめぜんまい状に巻き淡紫褐色の綿毛に被われているが、後にほとんど無毛になる。五〇センチメートルぐらいに伸び、羽状複葉で、羽片はさらに細く裂け、長さ一五センチメートル、幅三センチメートルぐらいに達する。中央につく数対の羽片に胞子嚢が密生する。へびわらび。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android