魚漁・魚取(読み)うおとり

精選版 日本国語大辞典の解説

うお‐とり うを‥【魚漁・魚取】

〘名〙
① 魚をとること。漁(りょう)。魚猟。漁獲。また、魚を取る人。いおとり。〔書言字考節用集(1717)〕
② 建網、引網などの漁網で、網の中に追いつめた魚類を最後に漁獲するために網目を特に細かく、じょうぶに作ってある部分。トロール網ではコッド‐エンドという。〔宇和島藩吉田藩漁村経済史料(1938)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android